痛くない親知らずの抜歯・移植|さいたま市緑区 浦和美園 東浦和 東川口近くの歯医者|あきデンタルクリニック大門

キッズコーナー

駐車場8台

国際興業バス武蔵野学院入口徒歩1分

削る範囲を最小限抑えた審美歯科

ネット予約

English French Speaking Dentist

048-799-3218

さいたま市緑区大門1746(浦和美園 東浦和 東川口近く)

痛くない親知らずの抜歯・移植

親知らずの抜歯・保存の適切な診断を致します

親知らずの抜歯・維持

「親知らずはいつ抜いたら良いですか?」とよく聞かれますが、親知らずの状態によって判断すると言うのが当院の考えです。親知らずはお口の一番奥にあるため、ケアがとっても大変で問題を起こす可能性が高い歯です。多くの場合は、その問題の解消のために抜歯と言う選択をするのですが、健康な状態の親知らずであるなら、将来の事も考慮して保存をおすすめしています。

親知らずの移植について

親知らずの移植

親知らずがまっすぐに生えて健康な状態ならば、将来歯を失った場所に移植できる可能性があります。また、移植以外にもいくつか有効な利用方法も存在します。そういった将来の事も視野に入れ、当院では適切な診断を心がけております。親知らずが活用できるケースは以下のようなものです。

咬み合わせの修復にはインプラントや入れ歯、ブリッジでの治療が一般的ですが、親知らずが健在の場合には、歯牙移植などの活用法をおすすめしています。

このような場合には抜歯をおすすめ致します

歯列を乱す場合

歯列を乱す場合

横向きに生えている親知らずは、成長するにつれて手前の歯を少しずつ押すようになり、少しずつ歯列を乱して行きます。このように、将来的な咬み合わせや歯並びに悪影響がある場合には早い段階で抜歯をした方が良いと考えます。

虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

親知らずは、まっすぐ生えていてもケアが難しいため、虫歯や歯周病になる可能性が非常に高い歯です。実際に罹患して治療を行っても、再発率も高いので改善が困難です。このような場合にも、お口の環境を悪化させてしまうため、抜歯をおすすめします。

智歯周囲炎

智歯周囲炎

親知らずが半分埋まっている状態では、隙間に食べかすなどが溜まり、細菌が繁殖します。やがて、炎症を起こして智歯周囲炎となります。智歯周囲炎が悪化すると、発熱や開口障害など様々な問題が生じるため、こちらも早い段階で抜歯をおすすめする事になります。

安心して親知らずの抜歯をして頂くために

あきデンタルクリニック大門では、難易度が高い親知らずの抜歯を、出来るだけ安全に実施するために以下のような対策を行っています。

日本口腔外科専門医が執刀

口腔外科専門医

通常の親知らずの抜歯は、一般歯科医師でも安全に行う事ができますが、難易度が高い抜歯や移植に関しては、口腔外科の技術と知識が必要となってきます。そのため、当院では親知らずの難抜歯や移植の際には、口腔外科を得意とする日本口腔外科学会の認定医が執刀して、負担の少ない適切な方法で処置を行います。

麻酔注射の痛みにも配慮

麻酔注射

抜歯に伴う痛みを抑えるために、局所麻酔を実施します。当院では、麻酔注射を行う際にも、できるだけ痛みを感じないように様々な対策を行っています。負担を抑えた麻酔注射は以下リンクよりご覧下さい。

痛みを抑えた歯科治療ページへ

CTによる精密検査

CT

難易度が高い親知らずの抜歯の際には、CTによる精密検査を行います。親知らずの状態、骨や血管、神経など周辺組織の位置を確認致します。さらに、検査で得た情報を基にシミュレーションを行い、的確でスムーズな処置を心がけております。

静脈内鎮静法で不安を解消

静脈内鎮静法

親知らずの難抜歯は、体への負担はもちろんですが、口腔外科手術となりますので、不安や恐怖も通常の治療に比べ、大きなものになります。そのため、極度の緊張状態にある患者様には、静脈内鎮静法も準備しております。うたた寝の状態で処置を受けて頂けますので、精神的な負担を抑える事が出来ます。

親知らず抜歯後の痛みは時間が関係する

抜歯後の痛み親知らずの抜歯に伴う痛みですが、抜歯の最中は麻酔が効いていますので、歯を引っ張られる違和感はあるものの、痛みはほとんど感じません。

抜歯後、徐々に麻酔の効果が切れる事によって、痛みが強く現れるようになります。麻酔が切れた後の痛みは、抜歯に掛かった時間に比例すると言われています。つまり、時間が長くなればなるほど痛みも大きくなると言うわけです。

このような事から、当院では出来るだけ術後の痛みを緩和すべく、事前のシミュレーションなど対策を行い、スムーズな抜歯に努めております。

抜歯後のドライソケットに注意しましょう

歯を抜くと、抜いた穴は血餅(ゼリー状の血)によって満たされ、骨の露出を防ぎ、細菌や外部の刺激から守ってくれます。しかし、体質的な問題で上手く血餅が形成されなかったり、うがいや歯磨きなどで剥がれて落ちてしまった場合に、骨がむき出しとなるため、激しい痛みを伴います。

これをドライソケット言い、治るまでにおよそ2週間ほどかかります。痛みに耐える事は難しいと思いますので、ドライソケットになった場合には、歯科医院にて処置をおすすめ致します。

さいたま市緑区にて親知らずの抜歯・移植をご検討中の方へ

親知らずの抜歯・移植

あきデンタルクリニック大門では、将来の親知らずの活用法なども考慮した上で、親知らずの抜歯、保存の診断を行っています。抜歯と診断しても、出来るだけ負担をかけないように致しますので、ご安心下さい。さいたま市緑区で痛みの少ない親知らずの抜歯・移植をご検討中の方は、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る