なるべく抜かない治療|さいたま市緑区 浦和美園 東浦和 東川口近くの歯医者|あきデンタルクリニック大門

キッズコーナー

駐車場8台

国際興業バス武蔵野学院入口徒歩1分

削る範囲を最小限抑えた審美歯科

ネット予約

English French Speaking Dentist

048-799-3218

さいたま市緑区大門1746(浦和美園 東浦和 東川口近く)

なるべく抜かない治療

患者様の歯を抜歯から守るための対策

抜歯から守る

あきデンタルクリニック大門では患者様の歯を可能な限り存続するため、歯を失う事となる重度の虫歯や歯周病、さらには事故や歯根の破折などに対して、様々な抜歯回避対策を実施しております。以下では、それぞれの症状に対して当院が実施する抜歯回避への取り組みをご紹介致します。

当院が取り組む重度虫歯への抜歯回避対策

MTAで神経の保存に努める

MTA

重度な虫歯になると、歯の内部にある神経、または周辺にまで感染が広がります。そのような場合には神経を除去する処置が一般的ですが、神経を失った歯は脆くなり、症状は改善されても将来的な抜歯リスクを大幅に高めてしまいます。当院では殺菌効果の高いMTAと言う歯科用のセメントで神経を覆うことにより、虫歯菌を不活性化し、神経の保存治療に努めております。

精度にこだわった根管治療の実施

精密根管治療

重度な虫歯は症状が悪化すると、歯を抜かないければなりません。そのため、症状を改善するための歯の根っこの治療(根管治療)が必要となります。当院では根管治療の際、歯科拡大鏡や、ラバーダム、オート根管治療器などを駆使した「精密根管治療」を実施しております。根管治療の詳細はこちらを御覧ください。

虫歯・根管治療ページ>>

歯根端切除術の実施

歯根端切除

歯の根っこの先に、細菌感染によって膿が溜まる事があります。このような場合には通常の根管治療では改善が見込めない事が多く、最悪の場合、抜歯となる事も少なくありません。当院では歯肉を切開して問題の患部のみを切除する「歯根端切除術」を実施して、症状の改善を行います。

エクストルージョン法

エクストルージョン

これまでの度重なる虫歯治療で歯肉より上に歯がほとんどない場合には、被せ物を装着しても安定が見込めず、長期維持が不可能なため、一般的には抜歯と診断される事になります。そのため当院では、エクストルージョン法を実施して、歯肉の下に残存する歯を引っ張り上げ、被せ物が安定する十分な歯質を確保し、抜歯回避に努めています。

当院が取り組む歯周病への抜歯回避対策

歯周内科

歯周内科

歯周病の根本原因となる原因菌を特定し、抗生物質と除菌効果のある歯磨き粉によって、体の内側と外側から改善を図る治療となります。一般的な歯石除去なども並行して行う事で、より高い改善効果を得る事ができます。

歯周再生治療

歯周再生治療

重度の歯周病によって歯を支える骨が溶けてしまった場合には、エムドゲインゲルを使用した歯周再生療法を実施します。失った骨を再生する事によって、グラつきのない安定した歯を取り戻す事が出来ます。

歯周外科治療

歯周外科治療

重度の歯周病は、歯周ポケットが深く通常の処置では適切な歯石除去が困難なため、歯周外科治療を施します。歯肉を開いて、歯周ポケット内部の歯石を徹底的に取り除き、症状の改善を図ります。麻酔をしてからの処置となりますので、痛みを感じる事はありません。

事故や歯を失った時の特殊な対策もございます

再植術で歯を存続

再植

事故などで歯が折れてしまった場合や、神経を抜いた歯が割れた場合には、意図的に抜歯を行い、必要な処置を施した後に、元の場所に再び埋める再植術にも対応しております。本来なら、抜歯となる歯でも残せる可能性が大幅に高まります。

自牙歯牙移植による咬み合わせ修復

自牙歯牙移植

虫歯や歯周病で歯を失う事になった際にも、親知らずなどの過剰歯が健在の場合には、歯牙移植による咬み合わせの修復にも対応しております。人工物とは違い、自分自身の歯ですのでこれまでと変わらない感覚でお過ごし頂けます。

さいたま市緑区で歯の保存治療をご希望の方へ

なるべく歯を抜かない歯科医院

あきデンタルクリニック大門では天然歯の維持を第一に考え、日々治療を実施しております。全ての症状に対して、打開策が存在するわけではありませんが、様々な方法の中から適切な処置を選定して、できるだけ抜歯を回避する事に努めています。さいたま市緑区で歯をできるだけ抜かない歯科医院をお探しの方は、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る